証拠をつかんでやる! – 自分で浮気調査②

浮気

前回お話ししたような数々の浮気をほのめかす状況証拠から疑惑を深めていったのですが、決定的にクロだなと思わせたのは、友人からの忠告でした。

ユミの旦那、何か総務部の4年目の子と付き合ってるって噂になってるよ。大丈夫?

やっぱり!とは思いましたが、それでもショックでした。数々の浮気の兆候を見つけながらも、どこかではウソであって欲しいと思っていたからです。

それから、友人にその女の事を聞き、名前と年齢は分かりました。

山下レミ、26才。私の夫の部署とは違うので、どこで接点があったのかは分かりませんでしたが、退社する時、一緒に出ることもあるようです。

えっ?うちの旦那ってすごい忙しくて、定時退社なんてできる日ないでしょう?

そんなことないよ。今はワークライフバランスとかで、残業に厳しくなってて、毎週水曜日は必ず提示に退社しなくてはいけなくなってるんだよ。

知らなかった。週に一度は早く帰れていただなんて。でも、水曜日に早く帰って来てはいませんでしたから、この日は浮気の日だったのでしょう。

怒りでスマホを持つ手が震えましたが、妊娠している身重の体でもあるので、できるだけ心を落ち着かせてから、考えました。

どうやってしっぽをつかむか。まさかこの体で尾行はできません。友人に頼むこともできません。またまた浮気調査マニュアルを見返し、GPSを夫の車につけることを考えました。

GPSデータロガーというものを楽天で探したところ、8千円で手頃なものがあったので、さっそく手に入れ、トランクに隠しました。

ちなみに、隠すのも一苦労で、いつも夜中に帰ってくるので、朝、すごい早起きして設置することにしました。幸い夫は朝に弱いタイプだったのでぐっすり。

だと思っていたら、無事、外の車に仕掛けられましたが、帰って来た時に、

どこに行ってたの?

と聞かれた時は、あわててしまいました。

 

結果は限りなくクロでした。

GPSのログで水曜日の夜18時以降の軌跡を見た所、レストランで食事後に、相手のマンション?で2時間以上過ごしていることがばっちり示されていました。

GPSのデータとは言え、生々しい現実を見せられて、またひどくショックを受けました。

 

と同時に、これだけで旦那に浮気を迫れるのかどうか不安でした。

そのマンションには同僚などみんなで遊びに行っただけかもしれない。

そのマンションには浮気相手の親、兄弟も一緒かもしれない。

2人っきりだったとしても、後輩が具合が悪くなったので送っていただけだと言い逃れされるかもしれない。

やっぱり、決定的な証拠がないとダメだと思い、探偵事務所に頼むことにしました。