私が疑った浮気の兆候 – 自分で浮気調査①

夫は、身長も高く、さわやかな雰囲気のある人なので大学時代も会社でも女性から人気がありました。そのためか、付き合っている時から浮気癖が心配でした。

実際大学時代も何度か私の友人にまで手を出すことがあって、別れたこともあったほどでした。

それが、今度は結婚後、しかも私が妊娠している最中に浮気をしていることが発覚したんです。

最初は疑いだけでした。

帰りが遅い、土曜・日曜も仕事で出かけるのは本当でした。私も同じ会社にいたので共通の友人がいて聞いてみると本当に仕事でした。

しかし、それ以外にも怪しいことが出てきたんです。色々とネットで浮気調査の事を調べてみると、残念ながら、浮気調査サイトに載っていた浮気の兆候にバッチリ当てはまっていました。

 

(1)いつの間にか夫が二台目の携帯を持っていた。

理由を聞いてみると、「グループリーダーに抜擢されて会社用にもう一台必要になったんだ」。確かにそんな気もしたので半ば納得下のですが、友人に聞いてみると、

そんな事あるかなあ?

不安が大きくなりました。

 

(2)急に家計管理は自分がすると言い出した

元々お金のことはそれほど頓着しない人で、結婚してからは家計の事は私に丸投げだったんですが、急に、

お前も妊娠でしんどいこともあるだろうから、なるべく俺ができる事はするよ。

と家計管理の事を持ち出してきたのです。

最初は、「なんて優しいの!」と感激していたのですが、上の事もあったので、もしかして浮気費用をねん出するためなのでは?と疑う気持ちもありました。

当たりでした。

(3)カードの明細書送付先を実家に変更していた

家計管理は俺がやる

と夫が言い出してから、なぜかカードの明細が来なくなりました。夫に尋ねると、

紙明細を止めてネット明細にしたから

とのこと。確かに今時髪の明細書を一つ一つチェックするのは時代遅れかも、と思ったのですが、これも何にいくら使っているか私に知られないための手だったのです。

(4)会社のチェックが厳しくなった。これからは連絡は電話ではなくメールだけにして欲しいと言われた

グループリーダーに出世してからは出席する会議の数も増えたから、電話には出られない。夜中でも会議をすることがあるから、これからはメールで連絡して欲しい。

と言われました。これも普通考えたらそれほどおかしい事ではなかったのですが、私は不信感を持ちました。

私はどちらかというの肉声が効きたいタイプだったのでLINEではなく電話派なのですが、それでも、相手の都合も考えずに電話をしたりはしません。せいぜい、夜が遅いのに連絡がない時とかくらいでした。

それなのに「これからは電話してくるな」のような言いぶりは何かおかしいと思ったのです。

(5)毎日食事の支度も大変だろうと言っても週3日も実家で夕食を食べている夫

私はつわりがきついタイプだったので、家事ができないことが度々ありました。そんな時は夫は、

ムリして作らなくてもいいから。ゆっくりしてな。実家で食べるから。

と言って3駅離れた実家で食べてきてくれました。私は「ラッキー!楽でいいわ」と喜んでいたのですが、その頻度がどんどん上がり、週3~4日になることも。しかも毎回帰宅は深夜12時を回っていました。

さすがに多すぎると思い、本当に実家で食べているか連絡したこともあったのですが、

いつも夫がスミマセン

いいのよ。はじめてのお産だから大変でしょう。甘えちゃいなさい。

と義母も言っていたので安心したのですが。あとで分かったことですが、義母も夫のウソに付き合ってあげていたようです。

 

ぜったに許さない!決定的証拠をつかもうと決意しました。